Member|International University of Health and Welfare Graduate School

アバター108

N.J

N.J

研究テーマ M2

脳卒中片麻痺患者の皮質網様体線維と起立動作における逆応答現象の関係について~Diffusion Tensor Tractography を用いた解析~

アバター108

M.I 

M. I

研究テーマ M2

​大腿骨転子部骨折術後患者の小転子骨片転位が患側下肢遊脚期に与える影響

アバター100

T.S

T.S

研究テーマ M2

​脳卒中患者における歩行の自立度と体幹機能及び下肢機能の関係

アバター108

A.J

A.J

研究テーマ M2

​脳卒中片麻痺者に対するTrunk solutionを用いた起立動作の介入効果の検証

アバター108

O.M

O.M

研究テーマ M2

脳卒中片麻痺者の麻痺側立脚後期に出現する制動力が発生するメカニズム: 麻痺側下肢と非麻痺側下肢運動の位相学的分析

アバター108

B.T

B.T

研究テーマ M2

​脳卒中片麻痺患者における歩行動作を再現したステップ課題の考案

アバター108

吉村 雅史

Yoshimura Masashi

学位論文(修士)2021

​半側空間無視患者に対する評価課題の妥当性について〜システマティックレビューによる検討〜

アバター100

N. K 

N. K

学位論文(修士)2020

​自己調整学習の促進を目的としたグループによる学習記録活動の効果

アバター108

谷口 隆憲

Taniguci Takanori

学位論文(博士)2020

​頸椎変性疾患患者における頸椎の動態と臨床症状の関係

アバター108

山田 辰樹

Yamada Tatsuki

学位論文(修士)2019

​脳卒中片麻痺患者の下腿三頭筋の痙縮が最大速度歩行課題後の歩行速度と歩容の対称性に及ぼす影響

アバター108

久保田 勝徳

Kubota Katsunori

学位論文(修士)2018

​脳卒中片麻痺患者の体幹機能と皮質網様体線維の関係~probabilistic tractographyを用いた解析~

アバター108

​緒方 俊彦

Ogata Toshihiko

学位論文(修士)2018

アルツハイマー病患者の灰白質体積とFunctional Independence Measure得点の関係

アバター108

山口 雄介

Yamaguchi Yusuke

学位論文(修士)2017

​急性期脳梗塞における大脳灰白質の形態学的解析

アバター108

川﨑 恭太郎

Kawasaki Kyoutaro

学位論文(修士)2017

​介護老人保健施設における認知症短期集中リハビリテーションの効果検証

アバター108

谷口 隆憲

Taniguci Takanori

学位論文(修士)2017

​足部肢位の相違が骨盤および体幹運動に及ぼす影響

アバター108

森 輝

Mori Hikaru

学位論文(修士)2017

体重免荷式トレッドミルトレーニングにおける免荷量の違いが脳卒中片麻痺患者の歩行能力に及ぼす影響

アバター108

​内藤 卓也

Naito Takuya

学位論文(修士)2017

​運動イメージが困難な課題に対する到達把持動作と運動イメージ想起能力との関係